webviruscheck - リンクをクリックする前にWebページ(サイト)のウィルスチェック、ブラクラチェック。

URLを入力するだけで、Webページ(サイト)もしくはWeb上のファイルをウィルスチェックウィルススキャン)します。いわゆるリンクスキャンだったり、URLスキャンだったりします。また、ページ中にグロいファイルが含まれているかの判定や、簡易的にブラクラチェック(ブラクラチェッカーソースチェッカー))もできます。google先生の力も借りてマルウェアフィッシングサイトのチェックもできます。短縮URLの飛び先チェックもできます。サイトにアクセスしなくても事前にHTMLソースを安全に確認できるソースビューアもあります。要するに、URLの危険性を事前に確認できるサイトチェッカーです。あやしいリンクをクリックする前や、2chで「ウィルス注意」「ブラクラ注意」「グロ注意」「マイクラ注意」と書かれたURLのウィルスチェック、ブラクラチェックなどにどうぞ。

[結果サンプルを表示]

ウィルスチェック(ウィルススキャン)、ブラクラチェックをするサイト(ページ)のURL(http://~で始まる)を入力してください。(tp://でも自動補完します。2chのime.nu/も自動的に省きます)



実行すると「[免責事項]」に同意したものとみなします。[免責事項を表示]

画像ファイルがグロいファイルかの調査やグロいファイルの登録(ちょい見ビューア付きで安心)はこちらをどうぞ。

更新履歴(主なもの) from 2008/04/22
  • ブラクラ判定は随時変更しています。
  • 2017/06/25 AI(Computer Vision API)による画像状況説明文付加機能を追加しました(Ver2.3)
  • 2015/05/03 結果にコメントをつけられるようにしました(Ver2.2)
  • 2015/01/18 拡張子偽装がわかるかも(Ver2.1)
  • 2014/10/18 何かが変わった模様(Ver2.0)
  • 2013/09/03 ソースを事前に確認できるソースビューア機能をつけました。(Ver1.4)
  • 2013/06/09 結果表示までの時間を改善。不正スクリプト埋め込みなどの改竄検知機能強化。(Ver1.3)
  • 2012/03/14 IE向けに動作を改善。(Ver1.2)
  • 2012/02頃 URLチェック(マルウェア・フィッシングサイト登録チェック)機能を搭載しました。(Ver1.1)
  • 2012/01/02 処理速度を改善しました。(Ver1.0)
  • 2010/01頃 簡易的な改ざん検知機能を搭載しました。
  • 2009/05頃 ページ動作を調べる機能を搭載しました。
  • 2009/05頃 ブラクラチェック機能を搭載しました。
  • 2009/05頃 グロファイルチェック(マイクラチェック)機能を搭載しました。
  • 2008/04/22 公開開始(Ver.β)
.